長野県との連携継続7年
総数200種を超えるデザイン

人権ポスターが示す高質の実践学習

大学と専門学校の
いいとこ取り

信州の玄関口長野駅から少し歩けば
真っ白なクリエイティブキャンパスがそこに

美術に学べば
ゆくゆく他と差がつく

一つの基礎が、あらゆる実践に導く
一つの実践が、あらゆる基礎になる

好きなことがある、あなたへ

小さい頃から絵やマンガが好き。
文化祭のポスターをデザインして喜ばれた。
アニメーションをみて感動した。
小説のイラストに魅せられた。
写真を撮るのが楽しい。
アートで自分の価値観が変わった。

❓ でも、こんな不安や疑問が…

✓ 学んでみたいことはあるけれど、将来にはつながるの?
✓ 学費は工面できるんだろうか?
✓ デザイナーになるのに、都会に行かなくて大丈夫?
✓ 今の学校に来た美術系以外の求人に気が進まない…
✓ もう別の仕事をしてるから…
✓ 好きなことやってないで、仕事をしなけりゃ…

美専を巣立った多くのクリエイターが
今のあなたと同じ気持から出発しました

では実際に入学した美専生の想いは?

「デザインの仕事は都会じゃなくていい」
 ビジュアルデザイン科3年制 Kさん

私は地域に貢献するデザイナーになりたいと思っています。そう思うようになったのは、長野にありながら、都内の会社にできないような質の高いデザインを、都会や地域を問わず提供しているプロダクションのことを知り、デザインの仕事は都会に出なくてもいいと分かったからです。
美専に入学してよかったのは、基礎履修期から総合制作期への1年の流れがとても学習しやすい点と、地域で実力を発揮しているクリエイターの先生方からの影響です。

「そもそも美術を学んだ方がいいと思って」
 ビジュアルデザイン2年制学科 Mさん

好きなことは、本当はファッション系だったんですが、オープンキャンパスで長野美術専門学校を知り、そもそも美術を学んだ方がいいと思うようになり、これからの自分の広がりを感じて受験しました。
デッサンや色彩などの基礎から、人と関わってプロジェクトを行ったゼミ期が終わり、これから、個人の制作を突き詰める「総合制作」に入ります。自分らしいセンスがしっかり表現できるかどうか、ドキドキですが楽しみです。

「将来どんな仕事ができるか今はわかりませんが、
 創造することに強くひかれます」
 ビジュアルアート科2年制学科 Bさん

人に感動してもらえる「表現」が好きです。絵もあるし、言葉もあるし、音や、高校の時は演劇も経験しました。私に才能があるとすれば、美専ではそれを何倍にも増やして、基礎力をつけたいです。正直、将来どんな仕事ができるか今はわかりませんが、創造する事に強くひかれます。
美専に入学してからこれまで、新しい表現に挑戦してきて、好きなことも広がったように思います。

「先生に意欲をかき立てられて進んで来ました」
 プロジェクトデザイン工科(前 研究科 )Oさん

東京の私立大学での就活で、納得のいく就職がなかなか決められなくて、そんな時出身の長野に美術専門学校があることを教えてもらい、それが入学のきっかけです。この先の自分を探す想いが強かったからかな。
私の入学した学科は上級学科ですが、基礎と並行して最初から社会に通用する制作を追求することが求められました。初めてのことも多かったけれど、先生に意欲をかき立てられて進んで来ました。

好きなことから、はじめよう!

自己実現の美専。

好きなことからはじめる
あなただけのキャリア

あなたは、実は感じているはずです。「興味や好み」は⾃分らしい進路の鍵ではないかと…。そうです、その先にこそ⾃分だけの⼤切なキャリアが続いて行くのです。
好きなことをはじめることは、キャリア学習をはじめることでもあるのです。

美専のキャリア学習

好きなことを
将来につなげる
学びの骨格

美専では、クリエイティブの5つの専門性を
4つの学科に体系化した「美専修学ライン」を
カリキュラムポリシーとしています。

5つの専門ラインと4学科

美専《長野美術専門学校》には、
「好きなこと」が育つ最良のコンセプトがあります。

創造的な人・もの・コトが集まるキャンパスでクリエイティブに

クリエイターの講師陣を見てください、コンセプトキャンパスを、そして実践的なプロジェクト学習を見てください。美専には、人・もの・コトの可能性が潜在しています。全てがクリエイティブ指向。だから美専に期待が集まるのです。
“美専について/オフィシャルサイト”

卒業単位の160%超の大科目群を配当、履修計画を自由に

美専には、専門学校(専修学校の専門課程)制度に規定される時間数の1.6倍以上の総単位数を持つ多様な科目群があります。それは選択履修できる自由度が高いということ。これも大学と専門学校のいいとこ取り、学生の主体性を引き出す教育課程です。
“学科紹介/オフィシャルサイト”

普通学科から上級学科を設置、
何にでもなれる自分に

高校からの進学者のために最適化した2年制、3年制の学科。さらなる進学や社会人の学び直しのための上級学科。未来の自分、未来の仕事につながる最良の通過点が美専。好きなことがあるあなた、あなたは何にでもなれるのです。
“入学案内/オフィシャルサイト”

好きな学びをはじめるために

長野美術専門学校への進学は、高校・大学卒業後また社会人経験から、そして県内県外からと様々。
自由な中にも安心して生活が送れるよう、学費や住まい、多様な個性の学生をサポートしています。

学生支援/オフィシャルサイト

年間を修了した美専生のレビュー

  • 名古麻実さん 次年に向かうビジュアルアート科1年次生

    美専に入学してから、高校の時よりも絵を描きたいという気持ちが高まったと感じています。絵を描くことがもっと好きになったのだと思います。これからの2年次では、就職活動も始まりますが、新しいことにいろいろチャレンジしていきたいです。 名古麻美さん...

  • 寺澤こずえさん 次年に向かうビジュアルデザイン科1年次生

    私は、クリエイティブとは世の中をより良くするもの、「世界」と「世界」をつなげていくもの、停滞して淀んだ世の中に光をさすものだと思います。この一年、美専では技術はもちろんのこと、創る人間は何を見るべきかという視点、自信が生まれ、自発的な行動、...

  • 黒澤夏紀さん 次年に向かうビジュアルアート科1年次生

    美専で自分が得たものや成長したと思えることは、普段思っている、考えているモヤモヤとした感情を言葉に変換する力をつけたこと。今年はやりたいことができたので、思い切って楽しみたいです。 黒澤夏紀さんのビジュアルアート科1年次総合制作「LIFE」...

  • 米沢和恵さん 卒業間近のビジュアルデザイン科2年次生

    総合制作、またそれを発信する美専展では、人は自分が見えているものよりも、他のことが見えていることに気づくことができました。 米沢和恵さんのビジュアルデザイン科2年次総合制作 ブックデザイン「百瀬、こっちを向いて」 「新しい本の楽しみ方を知っ...

  • 丸田映莉香さん 卒業間近のビジュアルデザイン科2年次生

    美専展では、自分から働きかけて大人に考えを発信することができ、自信を持つきっかけになりました。今後も向上心を常に高く持ち続けて、勝っておごらず、負けてくさらず、前進していきたいです。 丸田映莉香さんのビジュアルデザイン科2年次総合制作 組写...

  • 若槻知佳さん 卒業間近のビジュアルデザイン科2年次生

    美専で成長できたところは、専門的な知識を得、技術を身につけたことはもちろんですが、何かを考える事をたくさんできたことだと思います。クリエイティブは2年間学んでも、まだまだ答えは出ません、でも新しいものをつくり続けることですかね…。 若槻知佳...

  • 鈴木隆永さん 卒業間近のビジュアルデザイン科2年次生

    総合制作の後、美専展を行うプロモーションワークで自分が変わったと思います。いままでより他人に対する関心が高まり(初めてと言ってもいいほど)、卒業することをさびしく思っています。 鈴木隆永さんのビジュアルデザイン科2年次総合制作 漫画「変身す...

レビュー一覧

Creative Open Campus
 

オープンキャンパスの情報

オープンキャンパスシーン

学校概要

学校名 長野美術専門学校
設置者 学校法人クリエイティブA
学校種 専修学校
分 野 文化教養
課 程 専門課程(職業実践専門課程認定学科:ビジュアルデザイン科)
校 長 小林 勝彦
学 科
(入学定員)
ビジュアルデザイン科2年制(50人)・ビジュアルデザイン科3年制(15人)・ビジュアルアート科2年制(20人)・プロジェクトデザイン工科(10人)  ※2019年度
教員数 33人  ※2019年度
設 立 1970年10月
所在地 長野県長野市中御所1丁目10-10

アクセス

オフィシャルサイト